秋〜初冬の釣り

十勝の秋は”面辛い”釣り。

秋ならではの特定の陸生昆虫だけを徹底的なまでに偏食していた1尾。
秋ならではの特定の陸生昆虫だけを徹底的なまでに偏食していた1尾。

 秋を迎える頃になると、気温や水温の低下による影響はもちろん、各種の水生昆虫の羽化や陸生昆虫の流下にうながされてか、ふたたびフライフィッシングらしい季節に。タックルは4〜5番9フィート前後、使うフライサイズは幅広く、ティペットはフライサイズに合わせて用意する。場所しだいでは低番手のスイッチロッドのもいい。

 流下するナチュラルのサイズは総じて小さく、ニジマスはおおむねスレているので持てる技術を総動員する”面辛い”釣り。時には大量の落ち葉が川に流れて釣りにならない日もあれば、冷たい雨でマスが沈んでしまう日もある。秋の高気圧につきものの強風に悩まされる日も少なくない。場所によってはヒグマともよく遭遇する。そんなすべてのリスクを承知でねらうのは、ピッカピカの秋のニジマスです。

晩秋〜初冬のニジマス釣り。

秋のニジマス釣りに適したメソッドを用いることが素晴らしい1尾への最短距離。
秋のニジマス釣りに適したメソッドを用いることが素晴らしい1尾への最短距離。

 晩秋から初冬を迎える頃は川のニジマスのニンフィングが楽しい季節。

 魅力は魚体のコンディションのよさとその”引き”。想像を越える力と速さで数十ヤード走られてラインブレイクなんてことも少なくない。

 道具だてだが、シングルハンド・ロッドなら4〜5番の9〜10フィートに、フロントテーパーの短いパワフルなニンフフィッシング専用ラインがおすすめ。フィールドの規模によってはスイッチロッドやツーハンド・ロッドを使うのも◎。寒気でスローになるリスクも少なくない。1日にビッグワンが1尾釣れるかどうか、ドライフライの釣りにこだわらない方におすすめ、期間限定の遊びです。

 

秋になったら海や一部河川にシロザケをねらいに行く。

海のライオンと呼ばれるシロザケ。秋の北海道に来たら一度は釣ってみたい。
海のライオンと呼ばれるシロザケ。秋の北海道に来たら一度は釣ってみたい。

 晩夏から初秋になれば北海道の多くの河川でシロザケ、すなわちチャムサーモンの遡上が始まる。十勝では河口規制の期間および規制エリア以外の海や、河川では道東の標津町を流れる忠類川などがそのフィールドになる。北海道のシロザケはアトランティック(大西洋)ではなくパシフィック(太平洋)のサケ。種も違えば習性も違うから、より効果的にクリーンなストライクをつくるにはちょっとしたコツが。フライやリグ、タックルのセットアップはポロシリにご相談あれ。フッキングしたシロザケの走りは重く力も強いので、周りの釣り人とのトラブルを避ける意味でもリールはディスクドラッグのものがベター。海ならウキルアーの釣りも手軽で楽しい。なお、忠類川で釣獲調査(釣り)をするには、所定の機関への事前申請および別途利用料金が必要です。忠類川についてはこちら>

初冬はツーハンド・ロッドで大本流のアメマスねらいに。

幅200mはあるだろうか。時には雪景色の中、ガイドの氷を取り去りながらのでの釣りに。
幅200mはあるだろうか。時には雪景色の中、ガイドの氷を取り去りながらのでの釣りに。

 初冬を迎える頃になったらツーハンド・ロッド片手に本流へアメマスを釣りに行く。十勝のフライフィッシングの、1年の釣り納めといえるこの釣りこそ、ひょっとすると、もっともこの土地ならではの釣りの一つかもしれない。タックルは7番13フィート以上のツーハンド・ロッド。シングルなら8番9フィート以上のロングロッドを用意したい。背後にスペースがとりづらいこともあるから、ツーハンド・ロッドと各種スペイラインのセットアップはいちばん便利で現実的だ。

 時には吹雪の中の釣りになりガイドが凍ることもあれば強風に悩まされることもあるので防寒対策は念入りに。ガイドの氷結対策には、効果はそこそこだが「Stanley's Ice Off Paste(Loon Outdoors社)」などがあるといい。秋の本流アメマス釣りは、例年川が結氷するまでのお楽しみです。

海からの遡上アメマスをニンフでねらう。

北海道が世界に誇るネイティブ、アメマス。
北海道が世界に誇るネイティブ、アメマス。

  道東エリアでは晩夏から河川に遡上を始めるアメマスだけれど、フライフィッシングによる釣りがもっとも楽しいのは、色づいた樹々の落葉が盛期を迎える秋本番になってから。産卵を終えたアメマスの活性は高く、さまざまなフライによく反応する。平均サイズは50cm、最大は80cmクラス。タックルは、シングルならウエイトは4〜6番、レングスは9〜10フィートのロッドがよい。ラインはフローティングの専用ラインが使いやすい。暖かい日などはまれにマッチング・ザ・ハッチのライズの釣りになることもある。ドライフライは18番以下のサイズ、ミッジの釣りだ。川のアメマス釣りはニンフフィッシングの入門にもおすすめです。


 

ガイドのご相談はCONTACTまで。

電話によるガイドのご予約・ご相談は0155-68-3016まで。

We are happy to receive your inquiry in English!