Fluorocarbon Tippet

重箱の隅をつっつくようなネタでスミマセン。ちなみに標準小売価格は、税込1,944円。
重箱の隅をつっつくようなネタでスミマセン。ちなみに標準小売価格は、税込1,944円。

 どんなティペットをお使いですか? 

 コーティング技術が進化した今、市場にはさまざまな種類のティペットがありますが、私が使っているのはスタンダードなフロロカーボン製のそれがほとんど。ドライフライ・フィッシングだけならばナイロン製ティペットでもよいかもしれませんが、ほかの釣り方をする頻度を鑑みれば、年間をとおして多用するのはやっぱりフロロカーボン製のそれになっちゃう。

 

 数ある国産フロロカーボン製のイトの中でも、昔から愛用しているメーカーと銘柄がいくつかありますが、ここ10年の間に発売されたものの中では、左のティペットがいちばん大好き。トラウトハンター・ブランドのもの。

 

 このティペットは素晴らしい! 実際の使用感はもちろんですが、何を素晴らしいと思って今回改めて本商品を取り上げたか、その答えはスプールに印刷されています。よーく、ご覧あれ。

 探していた人なら、「あっ!」「えー? ホントに?」「なるほど!」と思うはず。答えはガイドの際に(笑。合わせて、イトに関する記事「Convert to X and "gou"」もご覧ください。

 

 追伸:春先からスタートしたガイドのほうは連日のガイドをへて昨日でひと段落。期間中はよいサイズにも恵まれました。お越しになったみなさま、ありがとうございました。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Diro (金曜日, 03 5月 2019 09:34)

    こんな事を書ける方は少なくなった様な気がします。ディープな世界である事を改めて感じた次第です。
    これからも楽しみにしておりまよ!

  • #2

    管理人 (土曜日, 04 5月 2019 07:08)

    Diroさん、コメントありがとうございます! 
    こちらもようやくタンポポの花が咲く季節になりました。

    お褒めいただきとても嬉しく思いました。
    しかしながら、この記事にコメントできちゃうDiroさんがディープなんですよっ(笑。
    また、いつか飲みましょうね。楽しみにしております。