Space All-Weather Blanket

カラーはほかに3色あるが、我が家ではレッドを愛用中。寒い日でも視覚的に暖かい。
カラーはほかに3色あるが、我が家ではレッドを愛用中。寒い日でも視覚的に暖かい。

氷上ワカサギ釣りに使う”敷物”

 昨年の夏に買い足しておいたのがこちら、グラバー社はスペースブランドのオールウェザー・ブランケット。気づいた時には新宿職安通りのエイアンドエフさんで売ってたから、けっこうなロングセラー商品だと思う。

 これ、ひと昔前まで同店では「スポーツマンブランケット」という名で売ってたと思う。現行の4色のほかにグリーン系のカモ柄もあった。

 さて、今が旬の氷上ワカサギ釣り。釣り座にはいろんなスタイルがあるが、私はもとより床に胡座(あぐら)派。

 PEラインと水面がつくる表面張力の動きを見て取るような”目アタリ”は、折りたたみ椅子に腰掛けていてはちょっと。サオ先と水面の位置を近くできるのも胡座をかく利点だ。折りたたみ椅子に比べて荷物は増えるけど、ストライクの取りやすさには変えがたい。

 実際に尻がおさまるのはサーマレスト社のマットレスの上だが、氷上には最初にこのブランケットを敷く。適度の厚みがあり相応の耐久性がある。バルキーだし重さもあるがバックパッキングに行くわけじゃない。

 サイズは長辺が約210ミリ、短辺が150ミリくらい。感覚的にいうなら、ちょうど2人用テントのフットプリントくらいの比率および面積だ。だから、我が家では夏のキャンプ時のテントのフロア用としても愛用している。何かと便利で使う頻度は高い。探せば1枚3,000円くらいで購入できます。